本文へ移動

労働安全衛生の取り組み

労働安全衛生の仕組み

坂川建設は建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)に準拠した、「労働安全衛生の仕組み」を立ち上げ、平成21年11月から一部自主運用を始めました。そして、見直し等を含め平成23年4月に全編の構築を終え本格的に取り組んでおります。

今後も「労働安全衛生の仕組み」による安全衛生管理に努めると共に、坂川建設(株)安全衛生推進協力会との協調を図り、「災害・事故 ゼロ」から『危険ゼロ』を目指してまいります。

平成29年3月に厚生労働省から「第2種無災害記録証」(無災害130万時間)、平成28年10月に中央労働災害防止協会から「無災害記録証 銅賞」(無災害記録日数1,800日)を受賞しました。

また、平成27年9月には建設業労働災害防止協会から「優良賞」を受賞しました。

安全衛生方針

坂川建設株式会社は、社長方針の”「健康」と「安全」は全てに優先する”に基づき、健康経営を目指して安全で快適な職場環境を形成するとともに、安全衛生水準を向上させるため、以下の事項の重要性を認識し、『労働安全衛生の仕組み(労働安全衛生マネジメントシステム)』に沿って、全役員及び全社員の協力の下にシステムの維持と継続的な改善に努めます。
 
1.健康経営を目指し、健康管理・健康つくりを推進します。
 
2.「労働安全衛生の仕組み」による安全衛生管理活動を事業展開の中で重要業務に位置づけ、継続、維持を図ります。
 
3.労働安全衛生関係法令等を確実に遵守します。
 
4.社内の規則等を遵守します。
 
5.協力業者等との協調のもとに推進します。
 
6.安全衛生確保のため安全衛生教育を継続的に行います。
 
 
坂川建設株式会社の全役員及び全社員は、この安全衛生方針を十分に理解するとともに、システムを確実に実施し、労働災害・事故の防止に邁進することを表明致します。
 
平成29年10月1日
坂  川  建  設  株  式  会  社
代表取締役社長 髙田隆夫
坂川建設(株) 安全衛生スローガン
坂川建設(株) 安全衛生推進協力会 安全衛生スローガン

労働災害発生状況

  平成25年度 平成26年度 平成27年度
平成28年度
平成29年度
休業4日以上 0件 0件 0件 0件
0件
TOPへ戻る