本文へ移動

SDGsの取り組み

坂川建設株式会社は、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求すること」を掲げて国連総会で採択された世界共通の目標です。
2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17の目標とそれらを到達するための具体的な169のターゲットとが示されています。

これからの企業に必要なこととSDGsのメリット

・企業はこれまで、顧客のため、地域社会のため、そして生活環境維持のために求められる製品やサービスを提供してきました。昨今の人材不足や消費ニーズの多様化、異常気象等によりさまざま課題を抱える企業が増加しています。企業が将来にわたって継続し、より発展していくためには、長期的な視点で社会のニーズを重視した経営と事業展開が必要となります。
 
・これからは、SDGsを活用することにより経営リスクを回避するとともに、企業の信頼性が高まり人材確保にも効果がある他、企業のモチベーション向上に寄与するなど、社内教育としても効果があります。
 
・SDGsは、新しく何かを始めなくても自社が取り組んでいる事業や、福利厚生等とSDGsのゴールを紐づけることで、多大なコストをかけずに取り組む事ができます。
 

SDGsへの当社の取組

坂川建設株式会社は、経営理念である「ゆたかな未来へ価値ある創造」に基づき、国連が提唱する持続可能な開発目標につなげ、建設業として地域社会の課題を抽出し、それらの課題の解決と共生をしていく事業を積極的に推進していきます。

重点推進項目

すべての人に健康と福祉を
・健康経営を推進し、健康的な生活を確保
・交通安全を指導教育し、交通死亡事故の減少
・新生児などの予防可能な死亡の根絶を目指す
質の高い教育をみんなに
・建設や建物を通じた地域への社会貢献
・インターンシップ等の教育プログラムの協力
・高等教育等に、質の高い教育を確保する
働きがいも経済成長も
・生産性向上への取り組み強化
・建設技能者のキャリアップの促進
・働き方改革の推進(新3Kへ取組み)
住み続けられるまちづくりを
・自然災害への安全性を高めた計画(事業継続計画)
・地元自治体等との防災協定
・地域住民に対し安心した街づくりに協力

通常活動項目

TOPへ戻る